【女性向け】東京近辺にある日帰り温泉(銭湯)まとめ

近頃は女子会で銭湯を使う人が増えているそうです。

そんな都内近郊で気軽に行けて、心身共にリフレッシュ出来る銭湯をまとめてみました。

仕事帰りや、飲んだ帰り、映画を見た帰り、終電を逃した時などに立ち寄っても良さそうですよね!

新宿天然温泉テルマ湯

〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町1丁目1-2 / TEL. 03-5285-1726
http://thermae-yu.jp/spa/

営業時間:午前11:00~翌09:00

入館料:ビジター料金/会員
・大人18歳以上 ¥2,364/¥2,148
・中学生以上18歳未満(利用時間:11:00~18:00迄)¥1,620
・レディースデー(毎週水曜日)¥2,148/¥2,000

オプション(上記入館料にプラスで利用可能)
・ヒーリングテラ(岩盤浴)¥810

割増料金
・深夜割増料金(深夜1:00~早朝6:00の間に在館)¥1,836
・休日割増料金(土・日・休日・特定日)¥324

※HP限定割引チケット有りなので、HPをチェックしてみて下さい

スポンサーリンク

調べてみた感じですと、女性に優しい作りのようです。
シャンプーやトリートメントの常備はもちろん、ドライヤー完備。
施設内には、岩盤浴、サウナ、6種の湯、エステサロン、リラクゼーションサロン、レストランやラウンジも完備されています。


※公式サイトより写真引用

施設内の写真を観たら、確かに女子会で銭湯に行く人が増えているというのは納得がいきます。
お腹も満たされて、疲れも取れて、尚且つ綺麗にもなれるなんて、女性には良いことづくめとしか言えません!
施設内にbarも設置されているので、銭湯に入ったりサウナに入った後に少しお酒もたしなめそうです(血行が良くなって良いが回りそうなので、ここはフレッシュジュースをオススメしますが)

荻窪武蔵野温泉なごみ湯

〒167-0043 東京都杉並区上荻1-10-10 / TEL:03-3398-4126
http://www.nagomino-yu.com/

営業時間:午前10:00~翌09:00

入館料:一般 ※色々な会員などの割引が多いので、詳細はHPにて確認して頂けると幸いです
・大人18歳以上 ¥2,000
・子ども4歳~小学6年生まで ¥1,050
・幼児0歳~3歳まで ¥530

オプション(上記入館料にプラスで利用可能)
・ヒーリングテラ(岩盤浴)¥810

割増料金
・深夜割増料金(深夜1:00~早朝6:00の間に在館)¥1,836
・休日割増料金(土・日・休日・特定日)¥324

※HP限定割引チケット有りなので、HPをチェックしてみて下さい


※ネットより拝借

駅から近いことと、東京都内というよりは、場所も荻窪ということもあり、気軽に一人でも立ち寄れそうな雰囲気が良いと思いました。

大きな建物で一人で初めて行くとなると、少し気負いしてしまったりする私なのですが、こういう雰囲気でこの建物内の広さでしたら、あまり気張らずに入れそうです。

雑踏を離れて、女性同士で行くのも楽しそうです。

スパラクーア

〒112-0003 東京都文京区春日1−1−1 ラクーアビル /  TEL: 03-3817-4173

http://www.laqua.jp/spa

営業時間:11:00~翌朝9:00

※その他の詳細な休館日などについてはHPを参照してください

料金:入館料
・入館料(18歳以上、入湯税150円含む)¥2,634
・TDポイント会員入館料¥2,268
・入館料(小学生以上18歳未満)¥1,836
※18歳未満のお客様のご利用は保護者(小学生の方は同性の保護者)
同伴のもと、18:00までといたします。(最終入館受付15:00)

料金:その他料金
ヒーリング バーデ(18歳未満、利用不可)¥864
深夜割増料金(深夜1:00~早朝6:00に在館の方)¥1,944
休日割増料金(土、日、祝日、特定日)¥324

※その他にも色々割引や組み合わせなどあるので、詳細はHPを参照してください

以前知人が、東京ドームの近くのスパで女友だちと一日中遊んできて凄く楽しかったと言っていたのですが、ここのことだったのですね。

スパ ラクーアのアメニティは女性にとっての快適さを考え、シャンプー、リンス、ボディソープはもちろん、タオル、クレンジングまで揃っています。
また、ブラシセット(100円)を購入するだけで、カネボウ・ポーラの新作コスメを取り揃えた「コスメティックバー」がご利用可能です。
その他、化粧品・バスグッズ・インナーなど、アメニティーショップにてお買い求め頂けます。
思い立ったら、手ぶらでご来館ください。

各建物毎に色々な施術が受けられるようなのですが、そちらは事前に予約が必要のようなので、事前になるべく調べてから行った方が色々と楽しめそうな気はしました。


※ネットより拝借

平日一週間お仕事を頑張った女性が自分のご褒美にスパなどを事前に予約して、次のまた一週間のために身体をとことん癒すのに相応しい場所のような気がします。

とにかく調べれば調べるほどに女性の美や健康などに特化した施設やら、癒しの湯などが沢山あります。

東京お台場 大江戸温泉物語

〒135-0064 東京都江東区青海2丁目6番3号 / TEL: 03-5500-1126

http://www.ooedoonsen.jp/

営業時間:11:00~翌朝09:00 (22時間営業)
最終入館時間 朝07:00 (完全入替制)
※ 日帰り入浴のご予約は不要です。

料金/大人(中学生以上) 昼間料金 ※( )が消費税・入湯税込みの総額料金です。
・平日 ¥2,280円(2,612円)
・土日・祝日 ¥2,480円(2,828円)
・特定日 ¥2,580円(2,936円)

料金/大人(中学生以上) ナイター料金 (18:00以降に入館の場合)
・平日 ¥1,780円(2,072円)
・土日・祝日 ¥1,980円(2,288円)
・特定日 ¥2,080円(2,396円)

料金/小人(4歳~小学生) ※4歳未満は一律無料
・一律 ¥980円(1,058円)

料金/朝風呂料金 (朝5:00~7:00受付)
・大人(中学生以上) ¥1,300円(1,554円)
・小人(4歳~小学生) ¥980円(1,058円)

※その他の詳細はHPを参照してください

大江戸温泉は名前はよく目にしてはいたのですが、実際に調べてみるとかなり楽しそうです!

建物全てが江戸の町を意識しているのですね。

なので、フロントに着いたらまず最初に浴衣選びをして、まずは着替えることから始めるみたいです。

浴衣を着て、中に入ると館内全てが江戸の町並になっていて、ヨーヨーや手裏剣投げなど楽しめるみたいです。


※画像はネットより拝借

画像を観ているだけでも相当楽しそうですよね!

で、浴衣で街並みを十分堪能したら温泉に行くという流れのようです。

 
※画像は公式HPより拝借

お風呂も様々なお風呂があるみたいです。

ちなみにこの大江戸温泉物語さんは、宿泊施設もあるみたいですので、長風呂をして疲れてしまった場合でも安心です。

エステなど女子に特化した施設は完備していないものの、一日中遊べそうな遊び心満載な施設のようです(しかも宿泊も出来る!)

遠方からの女友だちとの女子会にも使えそうですし、女子に限らず男性と日帰り温泉デートにも最適な気がしました。

是非近場で温泉や銭湯で癒されたい女性の皆さま、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク