【スタマイ】大谷羽鳥 SR好き?嫌い?Lv.60(当ててみて?)※シナリオネタバレ

このお話しは本当に良かったです!
まず、最初の段階から本当にびっくりして思わず「なんでーーーーーー!!」と想定外の設定から始まって叫び声を上げてしまいました。
本編のストーリーならばあり得そうですが、キズナでこう来るとは。。
しかもしかも、2人のやり取りと、その後の羽鳥さんの言う言葉にもう心臓バクン、バクンのドキン、ドキンで、本当に羽鳥さんは罪深い男だなと改めて感じました(笑)

カードを持っていない人にも読んで欲しいので、是非羽鳥さんの魅力を堪能してください♡

当ててみて?

大谷羽鳥「次の情報の対価は。君の手料理ね」

そう言われた週末、羽鳥さんのオフィスに持っていくためのお弁当を作っていた。

(・・・はずなのに)

大谷羽鳥「ねえ、これは?普通の卵焼きと違う気がするけど」

泉玲「だし巻き卵です・・・お弁当だから、甘いほうがいいと思ったんですけど」
大谷羽鳥「あ、なるほど。でも晩ごはんとして食べるなら、こっちのほうがいいな」

(なぜ・・・私は今、羽鳥さんと一緒に自宅で食事をとってるんだろう?家に入れるつもりなんて、なかったのに・・・!)

大谷羽鳥「やっぱり、君と食べるごはんって美味しいよね」
泉玲「私、羽鳥さんと一緒にごはん食べたこと、そんなにないですよ」
大谷羽鳥「ははは、手厳しいなー。でも、美味しかった。ごちそうさま」

結局羽鳥さんは、私が作った食事をぺろりと食べてしまった。

泉玲「結構な量を作ったつもりだったんですけど・・・羽鳥さん、意外と食べるんですね」
大谷羽鳥「まあ、人並みにね。でも、君の料理が美味しかったっていうのもあるよ」
泉玲「またそういう、女の子が喜びそうなお世辞を」
大谷羽鳥「お世辞じゃないんだけどな」

(まあでも、喜んでもらえてよかった。いつもお世話になってるし、何かお礼したいとは思ってたから)

泉玲「味付け、どうでした?薄くなかったですか?」
大谷羽鳥「うーん・・・」

少し考えて、羽鳥さんが立ち上がる。
そして、後片付けをしている私の後ろに立った。

泉玲「羽鳥さん?」
大谷羽鳥「じっとして」

言われるまま動かずにいると、羽鳥さんの指が背中にそえられた。
そして、背中の上でその指が動き始める。

スポンサーリンク

(何か文字を書いてる?)
(なになに・・・”ち・よ・つ・と・こ・か・つ・た”?)

泉玲「・・・”ちょっと濃かった”!?」
大谷羽鳥「え?」

泉玲「す、すみません!むしろ、少し薄味かなって思ってたんですけど」
大谷羽鳥「違う違う。じゃあ、もう1回」

笑いながら、羽鳥さんが再び背中に指を滑らせる。
くすぐったさを堪えながら必死に解読すると、どうやら”ちょうどよかった”と書いたらしい。

泉玲「本当ですか?物足りないとか、なかったですか?」
大谷羽鳥「全然。本当に美味しかったよ」

泉玲「よかった・・・あ」

思い立ち、今度は私が羽鳥さんの後ろに立った。
そして、”次は何が食べたいですか?”と書いてみる。

大谷羽鳥「”つ・ざ・ざ・ぬ”・・・。え?何?」

泉玲「全然違いますよ!も、もう1回書きますから!しっかり読み取ってくださいね」
大谷羽鳥「うん。お願い」

何度か同じ文字を書いてみたけど、羽鳥さんは正解にたどり着いてくれなかった。

泉玲「わ、私の字が下手・・・!?」
大谷羽鳥「いや・・・もしかして、俺の感性に問題があるのかも。ゆっくり、一文字ずつ書いてくれる?」

泉玲「わかりました・・・!じゃあ、もっと簡単な言葉にしますから」

(さっきとのは、ちょっと長すぎたのかもしれない・・・そうだ、アレなら)

ゆっくりと、”リクエストは?”と書いてみる。

でも羽鳥さんは、やっぱり首を傾げるばかりだった。

大谷羽鳥「・・・えーと、『羽鳥さんカッコイイ』?」

泉玲「全然違う!1文字も合ってないです!もう、真面目に答える気ありませんね?」
大谷羽鳥「ごめんごめん、本当にわからなくって。次は真面目にやるから」泉玲「ヒントは、カタカナですよ」

大谷羽鳥「カタカナ・・・」

もう一度、ゆっくり羽鳥さんの背中に文字を書く。
すると、ひらめいたように羽鳥さんが振り返った。

大谷羽鳥「ああ、”リクエストは?”」
泉玲「正解です!次に食べたいものがあったら、また作りますよ」

私の言葉に、なぜか羽鳥さんが意味深に笑う。
そして、また私の背中に立った。

(なんだろう・・・?”た・べ・た・い・も・の・は”・・・”キ・ミ”!?)

泉玲「ちょっ・・・羽鳥さん!冗談はやめてください!」
大谷羽鳥「冗談じゃないよ。本気」

泉玲「冗談よりももっと悪いですよ・・・!」

サラッと笑顔で答える羽鳥さんに、私ばかりが照れているのが悔しかった。

こちらもオススメ⇒『大谷羽鳥 SR IT系プレジデントLv.60(金魚のような顔)
大谷羽鳥 SR好き?嫌い?Lv.40(どっちだと思う?)

         『大谷羽鳥 SSR結ぶ縁Lv.70(ハッピーニューイヤー!羽鳥!)
         『大谷羽鳥BD(バレンタインデーイベント)Ⅰ
         『大谷羽鳥BD(バレンタインデーイベント)Ⅱ

スポンサーリンク
スポンサーリンク