運命の人との出会い方!こういう出会い方をしたら運命の人かも?

運命の人は出逢ったら分かるのか?

以前の私は彼氏がいてもいなくても、運命の相手に出逢ったら気付くのか否かとても気になっていました(付き合っていても、その相手が運命の相手なのか気になりませんか?)。

まだ老後でも、死ぬ間際でもないので、今の旦那様が運命の相手だったのか否かは分からないのですが、仮に運命の赤い糸の相手だと仮定したならば、やはり出逢いは普通の人とは違ったと思います。

結婚する相手との出逢い

私が当時付き合っていた彼の周辺の人たちのSNSを見ていた時に、今の旦那様のSNSに本人が自分の芸術作品(特定されないようにぼかすと、音楽や絵画や写真など)を上げていて、あまりの素晴らしさに一言何か伝えたくて、コメントを送ったのが初めてのコンタクトでした。

その後に、当時の彼の芸術関係(これもぼかすと、音楽や絵画や写真展など)のイベントに遊びに行った後にたまたまSNSで会話をして、お互いにそのイベントに居たことが判明し、2人で服装とか自分が何処にいたかなどを伝えあったら、お互いにお互いを印象的に覚えていて直ぐに分かったのです。

その後もSNSで時々会話をしたり、当時の彼の芸術関係のイベントで遭遇した時に恋愛の相談や、時々本を貸してあげるくらいの、しかも会わないから返っても来ないくらいのかなり遠い友だちでした。

お互いずっと仲良くしていても、他に付き合っている人がいたので、男女の関係の意識もなく、ただの一年に一度会えば良いくらいの顔見知りくらいの距離の仲で、連絡先もSNSしか知らないくらいの間柄でした。

出逢ったのが6年くらい前だとしたら、再び出逢う3年の間は会ってもいなければ、連絡も取っていなかったかもしれません。

スポンサーリンク

距離が縮まるまで

当時の彼に振られて、復縁に向けて必死に頑張って変わった後に(詳細はこちら⇒『復縁のために頑張ったこと。1人で過ごしたからこそ得られたもの
、色々あり復縁をスッパリキッパリ諦めた時に、たまたまSNSを見たら今の旦那様が暇そうにしていたので、気軽に「暇ならご飯食べに行こうよ!」と私が誘い、その時に初めてメルアドやライン交換をして、プライベートで連絡を取り合って趣味とか深く色々お互いについての会話を何度か繰り返しました。

ご飯を食べに行く約束をしていた当日には、既に付き合っているかのような距離にまで縮まっていました。

出逢いが印象的な相手

時々旦那様とも話すのですが、まさか結婚するとは思わなかったよねって。

ただお互いに今だに初めて逢った時のお互いの印象も出逢った時のことも覚えているので、結婚する相手とはやっぱりちょっと他の人とは出逢いが違って、何か特別なのかもしれません。

もしも他の人と違う出逢いを異性とした時は、直ぐには何も起きなくても、数年後に恋愛や結婚に繋がる可能性があるので、その出逢いや相手を大事にしてくださいね。

運命の人

恋愛や結婚に限らず、人生において、何か影響や流れを変えてくれる相手との出逢いも、結構印象的だったりします。
そう考えると、運命の相手というのは、1本じゃないのかもしれませんね。

縁日の屋台などにある「くじひも?」のようなもので、紐の先に色々な飴などが繋がっていて、現実に置き換えたら、その紐が運命の赤い糸で、必ずその赤い糸の先には何か自分にとって意味のあることや、成長出来て幸せになれることが繋がっているみたいな感じです。

運命の赤い糸の相手というのは、色々な運命の相手との出逢いから学んで、吸収して成長した先で出逢えたりする気もします。

もしもまだ出逢っていないという人は、気付いていない可能性はかなりあると思います!
自分の中で「この人はなし!」とか色々と決めつけないで、視野を広げて、交流も広げて、色々なことに手を伸ばしたら、指先に運命の人がぶつかるかもしれないので、奥手の人とかも勇気を出して、SNSからでも良いと思うので、人と接してみてはいかがでしょうか。

ただし、今の世の中は少し物騒になっているので、悪い意味で印象的な出逢いをした人(危険な匂い的意味)は、それは本能の危険信号なので、急いで逃げてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク