【スタマイ】夏目春 SSRデート帰りの一息Lv.70(手をつなぐ口実)※シナリオネタバレ

1日遅くなってしまいましたが、春くんお誕生日おめでとうございます♡

ガチャ3回も10連したのに、BDカード落ちませんでした・・・いくら課金すれば来てくれるとか決まりがあったら、私は迷わず課金をしたかもしれません。。

↑すんごく欲しかった春くんカード!一緒に春くんとお酒が飲みた~い!!

その代わりに、他のイベントの春くんカードが2枚ほど来てくれたので、急いでキズナを高めてお話しを読みました。凄く良かったです♡

このカード、すんごく欲しかったので読めて嬉しかったです。

春くんのカードは読むと胸がキューっとなって凄く切なくなったりします。

ちなみにこのカードはお話し自体は短いのですが、BGMの音楽がとても良くて、その音楽効果で本当に切ない気持ちでいっぱいになりました(ちょっと服装が変な気がするのは黙っておこう)。

なんやかんや一番マトリの中では春くんが好きです///♡

他の人のお話しを読む時に春くんが登場すると、凄く嬉しくなります。

そんなこんなで改めて春くん、お誕生日おめでとうございます!

(このカードの春くん、眼鏡掛けてなくて超絶かっこ良い!!!)

手をつなぐ口実

夏目春「ヒール履いてるのに、いきなり海行きたいとか。相変わらず無謀だよね。

泉玲「あんな話聞いて、『ふーん』で済ませられないって」

(インドアなハルくんが、気に入ってる海辺がある、なんて言うと思わなかったし)

泉玲「大丈夫、ゆっくり歩くから」
夏目春「で、はしゃいで走って転ぶのがキミだよね」
泉玲「そこまでお約束じゃないって」
夏目春「いいから、はい」

泉玲「え?」
夏目春「転ばぬ先の杖、って言うでしょ」

そう言ってハルくんが差し出してくれた手を、そっと取る。

泉玲「・・・馬鹿だって言われるだろうなーと思いながら言うけど」
夏目春「馬鹿だね」

泉玲「いや、早いから!」
夏目春「あはは。何」

泉玲「私、お約束だと思われる人間で良かったかも」
夏目春「・・・ホントに、馬鹿じゃないの―――手繋ぐ口実なんか、何でもいいんだよ」

そう言いながら、ハルくんが繋いだ手に、少しだけ力を籠めたのだった。

こちらもオススメ⇒『夏目春 SSRキミってホントLv.70(新居選び)
こちらもオススメ⇒『夏目春 R公園日和Lv.20(夏祭り)

スポンサーリンク
スポンサーリンク