「エロマンガ先生」12話感想、紗霧ちゃんが成長しているのが伝わる最終話 ※ネタバレ

多分先週11話が実質的最終回で、12話は後日談的な感じのような気がしました。

何気ないエピソードぷらすに登場人物を全部詰め込んだ、エロマンガ先生満載のお話しって感じです。

(「エロマンガ先生」のあらすじや詳細はこちらを参照⇒『アニメ「エロマンガ先生」が面白過ぎる! ※ネタバレあり

※画像は全てネットから拝借しております(お借りしている方々いつもありがとうございます)

生配信で宣伝バッチリする紗霧ちゃん、流石です!

生配信で、「世界で一番カワイイ妹」の本の宣伝をする紗霧ちゃん。

そして続編に向けて色々と考察しているイラストを紹介するのですが、これ完全にエルフ先生とムラマサ先生じゃないですか!!!!!

と言うのも、正宗くんを合宿に行かせる代わりになんでも言うことを聞くと、エルフ先生が紗霧ちゃんに約束をしたことを決行しようということらしいです(させたいことがこの画像)。

なんだかこの段階で、エルフ先生、ムラマサ先生に黙ってそんな約束しちゃって良いのかな~と不安にはなったのと、黙ってそんな約束するところ良くないな~とも思ったのですが。。

2人の関係が変わってきている

いつものように、床をどんどんして正宗くんにご飯を催促する紗霧ちゃん。

いつも通り正宗くんが用意をして、紗霧ちゃんのお部屋にご飯を持って行きます(今日もオムライスだ!!)

1話目では部屋から全く出て来なかった紗霧ちゃんですが、ちゃんと正宗くんにドアをノックされたらドアを開けて笑顔で正宗くんを出迎えて「ありがとう」と正宗くんに伝えます。

1話目では部屋から全く出て来ないで、正宗くんの一方通行だったのに、凄い成長振りです!

紗霧ちゃんが正宗くんに、後でエルフちゃんとムラマサちゃんが家に遊びに来るということを正宗くんに伝えると、正宗くんが紗霧ちゃんにお願いがあると言います。

何かと思えば、「世界で一番カワイイ妹」の続編を書くに当たり、今までバトル漫画して書いてこなかったので、煮詰まっているので、紗霧ちゃんの頭を撫でさせてくれ!とお願いします。

紗霧ちゃんもエロ漫画を描くに当たり、実際に見ていないものは描けないと言っていたから、自分も実際に体験しないと書けないという正宗くんの言い分に、紗霧ちゃんOK。

ガチガチに紗霧ちゃんが緊張をするので、余計になんとも言えない空気が発せられる気がする・・・。

頭を撫でながら、紗霧ちゃんのこんな顔を見ていた正宗くん、微妙に興奮してきていた気がしますが・・・

そこは紗霧ちゃん、直ぐに察して

「えっち!すけべ!へんたい!ラノベ主人公!」

と言うのですが、それに対して正宗くんも

「俺のどこがラノベ主人公なんだよ!」

と反発するも、部屋から追い出されますが、何やら良いアイデアやが閃いたご様子。

エルフ先生とムラマサ先生、紗霧ちゃんの言いなりになる

実際にお家に来てから真相を聞かされて困惑するムラマサ先生なのですが、

エルフ先生が、正宗くんの作品のためになると伝え、正宗くんもそれを望んでいると聞かされると、喜んでやるというムラマサ先生が可愛すぎます♡

で、考察通り二人にツイスターゲームをさせる紗霧ちゃんなのですが、既にもう描いているのに、なんで同じことを二人にさせるのかなぁと・・・なんとも不思議な気持ちになりましたが、紗霧ちゃんが多分目の前で実物を観たかっただけなのかもしれませんね。

紗霧ちゃんに用意された水着を見て、こんなの着れないと困惑するムラマサ先生に対して

「なんでもするって言ったよね?」

と笑顔で言う紗霧ちゃん怖いです・・・で二人を水着姿にしてからの

ツイスターゲーム開始なのですが、これが紗霧ちゃん結構鬼でした!!

智恵ちゃんの本当の気持ち

最終話なので、ヒロインたち集合で、智恵ちゃんも登場します!

正宗くんに「世界で一番カワイイ妹」の同人誌が手に入ったから持ってきたという智恵ちゃん。

自分たちの様子を階段の方から紗霧ちゃんが覗いているのに気付いて、直ぐにお暇するところが素敵だなと思いました。

もっと智恵ちゃんの登場増やして欲しかった気もしましたが・・・。

帰り際にお家から出てから智恵ちゃんが、山田エルフ先生みたいにアニメ化されて売れっ子になったら結婚してあげても良いよ~みたいに正宗くんに言うのですが、

冗談っぽく言いながら、最後に智恵ちゃんの口元だけドアップするところに智恵ちゃんの正宗くんの気持ちの本気度が伝わったシーンだったなと思いました。

なんか頬を赤らめている感じと良い、このついに言っちゃったみたいな口元と良い、この手と良い・・・このカットだけで全てが伝わるとは素晴らしい!!!!!

他のみんなは分かりやすいようにアピールしているのに対して、さりげなく傍にいてイザという時は力になったりと絶対に途切れない関係というか・・・正宗くんと同級生だけあって、他のヒロインたちよりも大人の態度を感じざる得ないシーンでもありました。

同人誌に過剰反応する紗霧ちゃん

智恵ちゃんから同人誌を受け取ったことを知った紗霧ちゃん、正宗くんに見せてと言うのですが、正宗くんは年齢的に早すぎると拒否します。

なんとか奪おうとするも、正宗くんから奪えない紗霧ちゃんの怒った顔があざと可愛かったです♡

怒り方にしても、猫化する紗霧ちゃんも、なんだか最終話の紗霧ちゃんは可愛いのですが、微妙にちょいちょい、あざとさが見え隠れして、スタッフの狙っている可愛い感じが見え隠れしているようで、今いち心底可愛いと感じられませんでした。

で、ついに同人誌を手に入れる紗霧ちゃんなのですが、

読み進めて、エロ漫画家に自分もなると言い出す紗霧ちゃん!

こういうところがまた、男性に夢を与えている部分でもあるのかもと、思ったりもしました。

紗霧ちゃんが成長している

みんなが帰るのを玄関で見送る正宗くん、感謝の言葉を皆に伝えてまた遊びに来て欲しいと言います。

で、エルフ先生も紗霧ちゃんにまたね~と言うのですが、2階の窓からは反応なしと思いきや!!

ちゃんと窓を開けて皆に手を振る紗霧ちゃんに変わったな~とちょっとウルウルしちゃいました。

写真もみんなで写真を撮るなんて、前なら絶対にしなかったのに、しかもそもそもイラストを描くためでも人を部屋にしかもお面をつけずに会うということさえも成長しているというのが伺えます。

これからもっとこの作品が続いていたら、紗霧ちゃんは成長をして、お家からも出掛けられるようになるのかなと思うと、嬉しくなりました。

最終回ということで、今回EDがいつもと変わっていました。

正宗くんお風呂に入っていたのかよーーーーーーーーーー!!!!!

これちょっとビックリです(笑)普通気付きそうなのに~~~

でもこういう終わり方凄く良いですね、最終話のEDまでもなんかほのぼのして終わりました。

今期結構楽しく見ていた作品だったので、終わったのは寂しい気もしますが、伏見先生の今後の作品にまた期待したいと思うのと、エロマンガ先生の続編なり番外編なり、何かあったら良いなと密かに期待しています(ムラマサ先生を主人公にしたアニメとか見たいな♡)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする