マジカルオイルは「黒魔術」か「白魔術」かの判断基準とは

以前書いた『【マジカルオイル】願いを叶えるオイル ※黒魔術なので効果は絶大!しかし使用注意』こちらの記事について。

記事に追記か補足で自分の考えを記そうと思ったのですが、少々長くなりそうだったのでこちらに書くことに致します。

「黒魔術」と「白魔術」とは何か

ネットで検索をすると

白魔術:ターゲットにポジティブな効果を及ぼす魔術
黒魔術:ターゲットにネガティブな効果を及ぼす魔術

wikiで調べてみると下記のように記されています。

【白魔術とは】

・好ましい目的に使われる魔術、魔法。
・文化人類学で定義される聖人の術とほぼ同義とされる。黒魔術と対比して用いられ、白呪術ともいう。
・利己ではなく利他のために行う魔術。
・自分にも都合がいい魔術、魔法。

【黒魔術とは】

・文化人類学で定義される邪術とほぼ同義とされる。黒呪術ともいう。
・他人に危害を与えるための技。不道徳な魔術を呼ぶ際の蔑称。
・自己の欲求・欲望を満たすために行われる魔術のこと。
・自分にとって好ましくない魔術、魔法。

「黒魔術」と「白魔術」の違いとは何か

白魔術の意味のところにも、「利己ではなく利他のために行う魔術」と記されていながら「自分にも都合がいい魔術、魔法」と書かれていることから、どちらの術も全ての意味を含めて考えると矛盾が生じることは読んでも理解できると思います。

そういったことから、この線引きは人によって考え方が変わってくるとは思うのですが、個人的には白魔術は「利己ではなく利他のために行う魔術」で、黒魔術は「自己の欲求・欲望を満たすために行われる魔術」だと思っています。

自分の欲を満たすために使用されるもの。

そもそも「欲」という存在自体が私個人としては人間の中の黒い部分だと思っています。

そして、自分の幸せの上には誰かの不幸が必ずあるというのも私は生きていて実感します。

例え直接的不幸がなくても、人を助けたら巡り巡って必ず誰かが自分を助けてくれるように、自分の欲を満たしたら、同じように巡り巡って誰かが必ず満たされていない流れができる。

個人的にはこのオイルの存在に辿り着く人は、必ず最初に自分の欲望故の本当に叶えたい強い願いがある人だと思っています。

最愛の人間が生死を彷徨って藁にすがる思いで辿り着いた唯一の道がマジカルオイルだった。

という人も中にはいるかもしれませんが、全体的に見た場合あまりいないのではないでしょうか。

実際存在するオイルの意味を見ても、そのようなオイルは殆ど存在していないと思います。

殆どのオイルの意味が自分のためを主として使われるものが多い気がします。

中でも「欲」を満たす意味合いのオイルは売り切れが多いのも事実です。

実際に私が使用してオススメしたオイルも、自分自身の欲を満たした内容のオイルしかないことから、マジカルオイルを「黒魔術」と記しました。

事実使用した効果は私自身にはありましたが、多分ない人もいると思います。

受けとり手がそのオイルをどのように理解して受け止めているのかに関しても効果は左右されると私は思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする