「好きで好きで仕方なかった」ホストの男性を刺した女性の気持ちは歪んでいるのか?

事件は5月23日午後4時前、東京・新宿区の歌舞伎町近くにあるマンションで20歳のホストの男性が刃物で刺されて重傷を負わされるという事件があり、女性は殺人未遂の疑いで逮捕されました。

ネットでは女性の供述に対してかなり批判の声が目立ったのですが、個人的には人を刺して殺すのは良くないとは理解しつつも、刺殺しようとした女性の気持ちが理解できなくなかったため少し擁護の気持ちを込めて、どういう心情だったのかを少し自分なりの考えを交えて書きたいと思います。

歌舞伎町のマンションでホストが刺された事件の詳細

20歳の知人男性を刃物で刺し、重傷を負わせたとして、5月23日、殺人未遂の疑いで21歳の女性が逮捕された。

犯行後、警察署から移送される際には、なぜか笑みを浮かべていた。

調べに対し「好きで好きで仕方なかった」などと、男性への強い執着を口にしている高岡容疑者。

その詳しい供述により、エスカレートしていく愛情の暴走過程が浮かび上がってきた。

事件は5月23日午後4時前、東京・新宿区の歌舞伎町近くにあるマンションで起きた。

その時のことを、高岡容疑者は2「相手を殺して私も死のうと思い、おなかのあたりを包丁で刺しました」と供述している。

高岡容疑者に刺された知人男性は、マンション1階の入り口付近まで必死に逃げていた。男性を追って1階に下りた高岡容疑者は、駆け付けた警察官に現行犯で逮捕されるまで、倒れた男性のそばに座っていたという。高岡容疑者は3「どこにも行ってほしくなかったので外階段で下におりました」「刺し殺して、その死んでいく様子を見届けた後に死ぬつもりだったので119番通報はしませんでした」と供述しているという。

同じマンションの住人は…

エレベーターの中は壁とか全部血だらけで、3階と4階のボタンの所に血がついていました。血のついた手で触ったような…

と凄惨な事件現場の状況を話した。

逮捕直後、警察官に囲まれて、現場から連行される場面を捉えた映像では、黒いシャツを着た高岡容疑者の両足は、男性の血で染まっている様子が分かる。

刺された男性は一時意識不明の重体となったものの、一命を取り留め現在も入院している。

高岡容疑者と男性が出会ったのは、2018年10月…

高岡容疑者が当時店長を務めていた飲食店に男性が訪れ、その後は、高岡容疑者も男性が働く飲食店に客として訪れるようになった。

そして事件発生の数日前から、事件現場のマンションで一緒に暮らすようになったという。

なぜそれほどまでに愛する男性に殺意を抱いたのか?
事件当日、高岡容疑者は男性の帰りを部屋で待っていたが、男性はなかなか帰ってこなかったという。

そこで、高岡容疑者の頭に浮かんだのは…

4「悲しくて死にたくなり、どうしたら好きでいてくれるか考えた。一緒にいるためには殺すしかないと思ったので殺そうと思った。死んでくれたら『好き』『一緒にいよう』という言葉が現実になると思った」

との、あまりにも身勝手な犯行動機…

凶器の包丁は寝室で見つかり、高岡容疑者は「男性との新生活のために買いそろえたものの1つ」と説明しているほか、「刺した直後に男性が好きと言ってくれた」などとも話しているという。

移送の際に見せた笑顔はどのような思いの表れだったのか?
事件の解明に向けた捜査が続いている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190530-00010010-fnnprimev-soci

※容疑者の女性の名前は消して引用しているため、引用元から見てください

 

刺した女性の言い分

1.好きで好きで仕方なかった
2.相手を殺して私も死のうと思い、おなかのあたりを包丁で刺しました

3.「どこにも行ってほしくなかったので外階段で下におりました」「刺し殺して、その死んでいく様子を見届けた後に死ぬつもりだったので119番通報はしませんでした」

4.悲しくて死にたくなり、どうしたら好きでいてくれるか考えた。一緒にいるためには殺すしかないと思ったので殺そうと思った。死んでくれたら「好き」「一緒にいよう」という言葉が現実になると思った

5.刺した直後に男性が好きと言ってくれた

個人的にはこの供述だけでも十分相手への気持ちが伝わるなと思います。

何故私がこの刺した女性を擁護したいような気持ちでこの内容に触れようと思ったかについては、自分が同じくらいの年齢だったり若かった頃に同じ気持ちを何度も抱いたことがあるからです。

21歳の若い女性が「これぞ運命の相手!」と思えるくらいの相手と出逢って、しかも一緒に暮らし始めていた。

女性としては「一緒に暮らしてくれた!」というだけでも自分のことを好きだからと思いたい気持ちでいっぱいだとは思いますが、多分相手の職業のホストということと、言動からとても自分だけとは思えないのと、自分を好きと口では言っても行動が伴っていなくて不安に常にさせられていたのではないかと思います。

昨年の10月に出逢って先月に事件が起きていることを考慮しても、果たして今回のように不安に駆られるようなことが一度もなかったのかというのも疑問が残ります。

あと個人的に一番気になったのが、

刺した直後に男性が好きと言ってくれた

ネット上では刺して脅して言わせたとの声なども目にしたのですが、個人的にはこの供述を読んだ時に「刺さないと好きって言ってくれないような相手なんだ」と思ってしまいました。

刺した女性はメンヘラでもなんでもない普通の女性

結婚する前に付き合っていた男性の何人かに対して私も同じような気持ちを抱いて未遂のようなことを繰り返したり、何度もそのような気持ちに駆られたことがありましたが大体そのような気持ちにさせられる男性というのは、安心を与えず付き合っているこちらのメンタルを壊すような言動しかしない男性ばかりだったと思います。

付き合った男性からは「言動を観ていたら理解できるだろ」「好きなんていちいち言わないと理解できないのか」など上から目線で色々と言われたのですが、正直言葉にして行動でも示してくれないと理解できませんでしたね。

で、冷静に相手を観察できるほどの気持ちで付き合っていれば良いのですが、一目惚れだったり既に何が好きとか関係なく恋に落ちてしまっていたりなどの場合だと、もはや自制が効かなくて不安にさせられたら自分も壊れるし暴走するのみとしか言えないです。

この女性に対しての言動が理解できないという人は、それくらいに思える相手に出逢ったことがないのかなとも思いました。

ただこれは今当時の自分を振り返って言えることは「若さゆえ」ですよね。

今の年齢になり過去の自分を振り返ると、なんであんな人が好きだったのだろうと疑問しか抱かないのと、犯罪行為のようなことしなくて良かったとしか言えないです。

なので、恋は盲目になりやすい多感な時期だからこそ起きてしまった事件とも言える気がします。

あと本当に相手のことが好きで好きでしようがなくなった場合、そして相手に振られそうな気配を感じて不安になった場合、ときとして

「せめて相手の人生の中で忘れられない女”になりたい」

という気持ちが芽生えることもあって、事実男性を女性が刺した時に逮捕時の女性が笑みを浮かべていたのは絶対に私のこと忘れないでしょう?という気持ちもあったのではないかなと思います。

この世で一番不幸な女がどんな女かはこちらに書いてあるので、読んでみてください。

一番不幸な女とは
昔『HERO』というドラマが放送されていて、その中のあるお話しの中で、桜井幸子さん演じる女性が言ったのです。 『一番哀れな女は...

今回は大きな事件だったこともありニュースになりましたが、結構このような事件は女性相手に商売をしているホストの人や、バンド業界では珍しくない事件のようです。

ちなみに昔の知り合いでもキャバ嬢をしていた女性が、不倫相手の男性が奥さんと離婚したら一緒になると約束をしたのに、いざ奥さんから離婚を言われたら「お前と結婚する気はないし、妻とは別れたくない」と言われて包丁を持ち出して振り回したけど家から逃げられて未遂に終わった話をしていたので、たまたま大きく取り上げたのみでよくある事件のようにも思えます。

女性から刺されないためにはどのようなことに気を付けたら良いのか

「相手を不安にさせるような言動はしない」

これだと思います。

同棲をしているとしたら、今から帰るなり仕事が終わったなど連絡をこまめに入れる。

愛情表現の言葉は面倒臭がらずにこまめに口にするなど、不安にさせるような言動をとにかくしないのが一番だと思います。

本来ならば最初から近づかないのか一番なのですが、最初は違っても途中で相手の男性の言動が原因でメンタルがおかしくなってしまう女性は多いので、これはなかなか難しいとは思いますが、事前にそのような女性だと理解している場合は近付かないのが一番なのではないかなとも思います。

男性からしたら素直で感受性の豊かな女性は騙しやすいとか扱いやすいとか都合の良い女性にしやすいと思う人は多いとは思いますが、そのような女性は普通の女性よりも繊細で何がトリガーで壊されてしまうか分からないので、できれば大切に接してあげて欲しいです。

個人的には今回の事件もですが、そのように女性を精神的に追い詰めるのは罪に問われないんだなと・・・確かに証明できないものではないにしても、なんだかいつも被害者の圧により加害者に変わってしまったというのに触れないことにはモヤモヤしてしまいます。

相手を刺して良いとか殺して良いとは決して言っているわけではなくて、そこまで自制できないほどの『恋は盲目』という名の恋愛があることを少しでも伝えたかったので、それくらい好きなら同じようにしてしまえとは決して言っていません。

あくまでも今回の事件は「若さゆえ」と「愛ではなく恋」だったというのが個人的感想です。

あと作品の方が少し過激にはなりますが「異常者の愛」という作品に出てくる女の子の気持ちも同じ感じだと思うので、もし良かったらこちらの感想も参考に目を通してもらえたらと思います。

漫画「異常者の愛」を読んだ感想 ※ネタバレ含む
あらすじ あまりにも身勝手で、理不尽で、暴力的なまでに一途な”愛”。激情が行き場を失くした時、美しかったはずのその言葉は、最悪...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

オススメ記事▼